2012年3月17日土曜日

GK-3 とりあえず開く

GK-3 開く

とりあえず開いてみた.
後ろのネジ3本外したら簡単に開いた.
GK-3とGK-3Bって書いてある.
GK-3Bもメイン基板一緒のようだね.
GK-3Bはピックアップ部分が違うのかな?
ギターとは弦間隔違うし.
でもアレはアレで4弦から6弦ベースまで対応しているらしい.

ちなみにGK-3は6弦ギターのみです.

理由は?
ギターシンセの仕様つくるときに6弦までしか考慮してなかったんでしょう.
13芯ある線は1本余りがあるけどギターシンセ側のチップパワーもより必要になるだろうし.
まぁ邪道だしね.


イン基盤を外す

筐体からメイン基板を外す.
ボリュームノブをそのまま真上に引っこ抜けば基盤が筐体から外れるようになる.
メイン基板を外すとパッチチェンジ用のスイッチ2つが外れるからなくさないように.
左手前がボリュームで,右に行ってカラフルな線がピックアップへの線.
その隣りの13個穴が開いてる黒い箱がDIN13pinケーブルを挿すコネクタで
その隣りの黒長いのがギター用フォーンジャック.
ボケてるけど基盤左上の黒い丸2つがパッチチェンジスイッチ.
フォーンジャックの上にある白いのがGK/ギター切り替えスイッチ.

ギターに内蔵するにあたって
フォーンジャック,DIN13pinコネクタ,ボリューム,パッチチェンジ用スイッチ
は外すことになるだろう.

ちなみにボリュームはALPHA製のB50KΩ.
スイッチは2極.多分モメンタリー(押してる間だけONになる).

GK/ギター切り替えスイッチは使いどころが見いだせなかったので放置.


関係ないけどOPアンプが4つあった.
ボリュームの周りに3つ,フォーンジャックの近くに1つ.
2回路OPアンプなのかな.
日本無線の2068 B12ってやつらしい.
データシート見つからなかったけどそう書いてあるんだもん(´・ω・`)

3つはディバイデッドピックアップ用で1つは通常ピックアップ用なのかな.
ここを出たらしょっぱい13芯ケーブルを通ることになるから
できるだけごそっとインピーダンスを下げておこうってことなのかな.

ることになる
一応裏側.
基盤だから見やすいようにとありえない設定で現像したんよ(´・ω・`)

基盤はそのままの大きさではコントロールキャビティに入らない.
そんなことは百も承知.
基盤は斬ることになる.
最有力候補は取り外すフォーンジャックの裏.
画像でいうとRolandとかGK-3とかGK-3Bって書いてある
切り落とすには不敬な感じのしないでもないところ.

致し方ないじゃん!邪魔なんだもん!


ネクタも外す

ディバイデッドピックアップ用のコネクタを外す.
分かりにくいだろうけど基板側コネクタ♀に2ヶ所白い光が漏れてるのが見える.
そこは穴が空いててピックアップ側コネクタ♂ のでっぱりが引っかかるようになってる.
だから簡単には外せないし,力づくで外そうとすると基盤割ってしまう可能性もあるから慎重に.

一応写真はそのでっぱりを分かるように撮ったつもりなんだけど…
一眼でマクロ用レンズ持ってないからコンデジ引っ張り出してきて.

やりかたとしてはキリ的なものでそのでっぱり部分を押してコネクタを引っ張ればいいと思います(`・ω・´)

なんでかコネクタ8芯だった.ピックアップ分6芯+coldで7芯でええんとちゃうん(´・ω・`)?


問題は8芯入ったこの太い線,もといこの大きなコネクタが
ギター内部を通れるかどうか.
想定としてはリアピックアップの線と一緒にギター内部に入ってコントロールキャビティに出てくる感じで想定しています.

調べたことはやっぱ次ね
んじゃまた!(`・ω・´)

0 件のコメント:

コメントを投稿