2012年4月21日土曜日

完成させた(やや不安)

きたよ

やっとできた.
昨日言ってたのは確かだった.
ちゃんとシンセの音は出ていた.
あとはパッチチェンジ.

パターン切ってたからその先にあった
表面実装抵抗に導線を直付け.

なんか今回でハンダ付け性能がトランザムした気がしてきた.
これまではユニバーサル基板にもろくに付けられなかったんだけど
だんだん上達してきた気がするよ.
んでこんな感じに.
後ろのクマがぐでーってなってるのは気にしたら負けな( ・ω・)

本当にキャビティ内がギリギリだから
いつ断線するかわからない状況なんだけど.

ギリギリというか無理矢理詰め込んだ感じ.

背面側はこんな感じ.
どすか(・∀・)
これで今回のまぅさんの地獄の工作は終了.
本当GK-KIT-GT3が市販されてたらなぁって思う.
基盤が無駄に大きいんだよ!




パッチチェンジもできるようになった.
音量もコントロールできる.
当然1弦から6弦まで出力される.
これで今回の組み込みは終了だね(・∀・)
本当に プロの人に頼めばよかった…
まぁエンジニーアとして上達できたからいいか.

あとでまとめると思う.
(・∀・)(・∀・)

1 件のコメント:

  1. このコメントは投稿者によって削除されました。

    返信削除