2013年6月27日木曜日

【Windows8.1】スタート画面も変化が

Windows8で酷評?されたスタート画面.
Microsoftとしてはストアの普及のためにももっと使って欲しいところなのだろう.
変更が加えられていた.

このキャプチャ内にいろいろと入れてみた.

まずは事前に言われていた特徴の一つ,グループ化である.
グループ化とはいうが,従来からまとまって表示されていた先頭にタイトルを付けられるだけ.
このキャプチャでは顔文字( ゚д゚)をタイトルにしている.

次にタイルのサイズ選択肢が増えた.
アプリにもよるが,選択肢の多いアプリで
・大(広いの高さが倍)
・広い(従来の大)
・中(従来の小)
・小(中の1/4)
という4段階になった.
(従来は大と小だけ)
大・中・小に混ざった異色の「広い」
どういう意図があるんだ…

それからデスクトップアプリのタイルサイズも変更できるようになった.
中と小を選択可能になっている.

このキャプチャ左下にある(↓)アイコンは
「すべてのアプリ」の表示である.
以前は右クリックをして表示させていたのが1ステップ減った.

このスタート画面の背景にも微妙に変更が加えられている.
Windows8で選択できたのは
・模様
・色合い
の2項目であった.
Windows8.1では色合いの部分が分解されて
・背景色
・アクセント色
になっている.
背景色と前景色を別々に設定できるようになった.
それから,デスクトップと同じ壁紙を指定することができる.
デスクトップとは別の背景を選ぶことはできない.

模様もいくらか変更が加えられており,
ギターのやつがなくなってもうたで…(/_;)


スタート画面ではないがもう一つ気づいた変更点として
Windows8では画面右下/右上にマウスカーソルを合わせるとチャームというのがでてきた.
検索,共有,スタート,デバイス,設定というメニューのあるアレである.
そのメニューがバーの中心に出てくるので,右下や右上から呼ぶものとしては遠い感じがしたのだろう,
手繰り寄せた感じの変更が加えられている.

右上から呼び出すと各項目も上よりに,
右下から呼び出すと書く項目も下寄りに表示され,
マウスの移動距離が少なくて済むようになっている.

タッチパネルPCのスワイプだと従来通り真ん中なのだろうか?

UIだけでも結構変わってるイメージ.

0 件のコメント:

コメントを投稿