2013年9月10日火曜日

【Windows8.1】MSDNやTechNetサブスクリプション向けに公開されました

先日,Windows8.1のRTMは一部のHWパートナーのみ対象に公開を行い,
それ以外のMSDNやTechNetパートナーは一般消費者と同日の公開になってしまった.
という記事を投下したが,
9/9にそれが撤回されたようだ.

http://blogs.windows.com/windows/b/bloggingwindows/archive/2013/08/27/readying-windows-8-1-for-release.aspx
Based on the feedback from you and our partners, we’re pleased to announce that we will be making available our current Windows 8.1 and Windows 8.1 Pro RTM builds (as well as Windows Server 2012 R2 RTM builds) to the developer and IT professional communities via MSDN and TechNet subscriptions. 
発表する時点でフルボッコ炎上が当然見込まれるのに
実際にされると撤回する意志の弱さなら元からそういった決断をしなければいい.
心象が悪くなるだけである.
まぁ我々開発者からすれば結果オーライ,
Windows8.1での事前テストが行えるわけである.
(と入っても小生は現在Androidしかやってないので環境破壊のリスクを犯してまでは入れたくない)

良く言えばちゃんと客の話を聞き対応できる会社なんだなと
悪く言えばもうちょっと考えて決断してくれと
そんな印象である.

Preview版のときみたいにアップデータをくれたら嬉しいのだが.

ところで,小生のMSDNサブスクリプションのキー一覧を見ると,
Windows8,Windows8.1(Preview),Windows8.1がそれぞれ別ライセンスキーを与えられている.
Windows8→Windows8.1は無償アップデートされるので
Windows8.1を量産できる模様.
すごい.

0 件のコメント:

コメントを投稿